ヴィッセル神戸、2013J2: ファジアーノ岡山に終盤悪夢の3連続失点・・・ 

サッカーJ2リーグ第11節ヴィッセル神戸は、ノエスタでファジアーノ岡山と対戦し、3-3に終わりました。

得点
7分:田代有三
34分:杉浦恭平(PK)
38分:田代有三
84分:久木田紳吾(岡山)
85分:久木田紳吾(岡山)
90分+3:荒田智之(岡山)

相手GK空のボールを奪いあっさり先制点、自身が倒されて得たPKを冷静に決めた追加点、 相馬のクロスを鮮やかなボレーを決めた3点目。前半は3-0。

後半も余裕のある試合を展開も、4点目を決めきれずにいると・・・マジーニョが負傷退場。
それでも、80分頃までは、ここまで無敗の岡山に圧倒的な差を見せつけて、圧勝ムードだったものの・・・
岡山の見事なミドルで失点すると、金聖基と山本海人の単純な連携ミスによる失点。相馬が負傷退場で、10人での戦いも、最後は力尽き失点。
4点目こそ許さなかったものの、惨敗したような気分でダメージの大きい引分けです。

ヴィッセル神戸の次戦は、5/3(金)にレベスタでアビスパ福岡と対戦します。