ガンバ大阪、2013J2:終盤追いつかれ・・・横浜FCとドロー 

サッカーJ2リーグ第31節ガンバ大阪は、ニッパ球で横浜FCと対戦し、2-2に終わりました。

得点
4分:野崎陽介(横浜)
29分:宇佐美貴史
67分:藤春廣輝
88分:田原豊(横浜)

試合は、開始早々に加地亮の相手選手への鮮やかなパス(クリアミス)からシュートを打たれると、藤ヶ谷もいつもながら何もできず、失点。
29分に、混戦から宇佐美のピンポイントシュートで、同点。
67分に、途中出場の岡崎からのパスを、藤春の豪快なミドルシュートで、逆転。
試合終盤に、加持のプレスの甘さからフリーでクロスをあげられると、ヘディングシュートを決められ、失点。

ガンバ特需で12,490人を集めたアウェーで、相変わらず加地の軽率なプレーで失点するまた最悪の展開の中も、ガンバは強いので逆転することまでは予想通り・・・。
ただ、今日は3点目が取れず、最後に追いつかれ、厳しいアウェー連戦で勝点1のみです。

ガンバ大阪の次戦は、9月1日(日)に万博でV・ファーレン長崎と対戦します。
プレーオフ圏内を死守したい相手から、きっちり勝点3を勝ち取りたいものです。