ガンバ大阪、2013J2:大観衆の前で松本山雅FCとドロー! 

サッカーJ2リーグ第34節ガンバ大阪は、松本で松本山雅FCと対戦し、2-2で引き分けに終わりました。

得点
5分:塩沢勝吾(松本)
15分:ロチャ
39分:ロチャ
48分:(松本)

ガンバ特需で、17,148人を集めた松本での試合。

前半開始早々に、CKからヘディングシュートを決められ、失点。
15分に、二川のクロスボールを相手選手が処理ミス、こぼれてきたボールをロチャが押し込み、同点。
遠藤からのボールを加地が折り返し、ロチャが押し込み、逆転。
後半開始早々に、ロングスローから藤ヶ谷の処理ミスで、失点。
78分に、遠藤への悪質プレーで相手選手が退場。
守りを固めた松本を崩せず、2-2で試合終了。

ガンバ大阪を、日本代表の主力を、見に来た地元民を味方に付けてしまう早々の失点。圧倒的にゲームを支配しながら3点目が奪えなかった、前半。そして、流れが変わった後半早々の失点。
J2中位チームだから引き分けで終われただけで、J1チームだったなら典型的な負けゲームでしょうかね・・・。

この後午後7時からの神戸が、徳島に勝利した場合、勝点71で並ばれることになりますが、得失差で現時点で+16もあるため、首位は維持できます。

ガンバ大阪の次戦は、29日(日)に万博で愛媛FCと対戦します。
プレーオフも降格もほぼ関係ない中位チームですが、あっさり失点せず先制点を奪って、勝利をしたいものです。