ヴィッセル神戸、2014J1: 松村の劇的ゴールで川崎フロンターレから勝ち点を獲得! 

サッカーJ1リーグ2014第1節ヴィッセル神戸は、等々力で川崎フロンターレと対戦し、2-2に終わりました。

得点
18分:シンプリシオ
19分:小林悠(川崎)
28分:中村憲剛(川崎)
90分+1:松村亮

新戦力6名が先発した、強豪・川崎とのアウェー戦。
試合は、18分にCKから森岡がボレーシュート、GKが弾いたところをシンプリシオが詰め、先制。
直後に、茂木が裏をとられ、失点。
28分には、中村のシュートの跳ね返りが、増川に当たり、失点。
後半、高柳、松村、相馬の順で投入。
終了間際に、森岡のスルーパスから、フリーの松村が冷静に決め、同点。
2-2で試合終了。

本気でタイトルを目指す安達監督としては満足できないようですが、J1で戦えるだけの強さを十二分に示し、苦手なアウェーで万年優勝候補の強豪から、貴重な勝ち点1を獲得です。

ヴィッセル神戸の次戦は、8日(土)にノエスタで柏レイソルと対戦します。
得意のホームで、勝利を掴み取りたいものです。