ヴィッセル神戸、2014J1海峡ダービー: 徳島ヴォルティスに勝利も・・・試合内容は最悪 

サッカーJ1リーグ2014第7節ヴィッセル神戸は、ノエスタで徳島ヴォルティスと対戦し、3-0で勝利しました。

得点
26分:シンプリシオ
42分:マルキーニョス
68分:チョンウヨン

J1では初となる、海峡ダービー。

試合は、26分にシンプリシオが鮮やかなループシュートで、先制。
42分には、相手のミスからマルキーニョスが、GKを余裕でかわし、追加点。
68分には、チョンウヨンがミドルシュート、GKのミスで、3点目。
3-0で試合終了。

徳島が、想像を絶する弱さである事もあり、神戸にもつまらないミスが連鎖し、試合内容は最悪でしたが、相手があまりに弱いので、しょうがないですかね。

今日の試合内容では、『外国籍選手が凄いだけ』と揶揄されても仕方がないですね・・・・。ブラジル人トリオは、手を抜かないですからね。

ヴィッセル神戸の次戦は、ヤマザキナビスコカップで16日(水)にノエスタでFC東京と対戦します。