ヴィッセル神戸、2014J1: 小川の決勝ゴールで鹿島アントラーズに勝利!!暫定首位! 

サッカーJ1リーグ2014第8節ヴィッセル神戸は、カシマで鹿島アントラーズと対戦し、3-2で勝利しました。

得点
7分:遠藤康(鹿島)
25分:チョンウヨン
54分:ダヴィ(鹿島)
67分:マルキーニョス
69分:小川慶治朗

2位鹿島と、鬼門カシマでの決戦ながら・・・、カップ戦で負傷のシンプリシオに加え、ペドロジュニオールまで負傷で、ベンチ外。

試合は、7分にクロスボールからフリーの遠藤にボレーシュートを決められ、失点。
25分に、チョンウヨンが直接FKを豪快に決め、同点。
54分に、山本がオフサイドと自己判断し、ボールをオフサイドの位置に返したところ、集中を切らさなかったダヴィに奪われ、失点(オフサイドフラッグは上がったものの、主審は笛を吹かず)。
65分に、鹿島の青木が露骨なハンドで、2枚目のイエローにPK。
67分に、マルキーニョスが、PKを冷静に決め、同点。
69分に、マルキーニョスのクロスを、フリーの小川が頭で合わせ、勝ち越し。
ボールキープをしつつ、守り切り、3-2で試合終了。

鬼門のカシマでも、主力外国籍選手2人を欠いても、もったいない失点をしても、(ただスーパーな外国人助っ人に頼っているだけでなく)チームとして普通に強いサッカーをしている事もあり、鹿島にも勝利です。

首位の広島が、日曜開催のため、勝点17に伸ばした神戸が暫定首位に浮上です。
「どうせ今だけでしょ」と思われている間に勝点を伸ばして、優勝争いをしていきたいものです。

ヴィッセル神戸の次戦は、26日(土)にノエスタでセレッソ大阪と対戦します。