ヴィッセル神戸、2014J1阪神ダービー:セレッソ大阪と打ち合い2-2ドロー!  

サッカーJ1リーグ2014第9節ヴィッセル神戸は、ノエスタでセレッソ大阪と対戦し、2-2に終わりました。

得点
41分:ペドロジュニオール
54分:フォルラン(C大阪)
62分:フォルラン(C大阪)
78分:マルキーニョス

セレッソ大阪との阪神ダービーは、J1リーグ戦通算10勝2分10敗。
シンプリシオは長期離脱も、ペドロジュニオールは復帰。

試合は、41分にチョンウヨンのパスから抜け出したペドロジュニオールが、相手GKを、相手DFを鮮やかにかわし、先制ゴール。
54分に、クリアボールのこぼれをフォルランに決められ、失点。
62分に、フォルランにスーパーゴールを決められ、失点。
78分に、相手選手のハンドから得たPKを、マルキーニョスが決め、同点。
2-2で試合終了。

年俸ベースで外国籍選手依存率1位セレッソと、2位ヴィッセルの対戦は、1億円を超えるスター選手たちのゴールで、引き分けです。

セレッソにはACLでの疲労があったはずで、25,382人もの大観衆の前で勝ちたかったところですが、試合内容は苦しかっただけに、納得するべき結果でしょうかね。
勝点を積み上げた事で、暫定首位となり、このあと試合の「広島vs鹿島」が、引き分けた場合のみ、首位を維持できます。
※広島0-3鹿島に終わり、得失差で2位に。

ヴィッセル神戸の次戦は、29日(火)にデンカSでアルビレックス新潟と対戦します。
GW中の連戦で、上位対決となる新潟戦は、全戦生中継のスカパー!に加え、地上波のNHK神戸でも生中継されます。