Sky7FC.com

ARTICLE PAGE

ガンバ大阪、2014J1:実力不足を露呈し・・・川崎フロンターレに惨敗!

サッカーJ1リーグ2014第9節ガンバ大阪は、等々力で川崎フロンターレと対戦し、1-2で敗れました。

得点
5分:ジェシ(川崎)
19分:遠藤保仁
90分+2:大久保嘉人(川崎)

宇佐美貴史が、長期離脱から復帰し、ベンチ入り。

試合は、5分にレナトのFKからジェシに頭で合わされ、失点。
19分に、倉田のクロスを遠藤がかすかに触り、同点。
72分に、リンスにかえ、怪我から復帰の宇佐美を投入。
試合終了間際に、クロスから大久保にヘディングシュートを決められ、失点。
1-2で、試合終了。

ACLの激闘で疲労困憊の川崎に、一方的に攻められ、ガンバにはいない(体調不良でも)ゴールを決めきれる『エース』に勝負どころで敗れ、スコア以上の実力差を見せつけられての惨敗です。

弱い現実を受け入れたくはないですが、監督のスカパー!インタビュー第一声が「まぁいいゲームができたんじゃないんですか」と、がっかりコメントです。
(実質)親会社のパナソニックも深刻で、ガンバに無駄な金を使っている暇がなく、大型補強も期待できないだけに、本当に深刻です。

ガンバ大阪の次戦は、29日(火)に万博で柏レイソルと対戦します。