ヴィッセル神戸、2014J1:終了間際に追いつかれ・・・アルビレックス新潟とドロー! 

サッカーJ1リーグ2014第10節ヴィッセル神戸は、デンカSでアルビレックス新潟と対戦し、1-1に終わりました。

得点
67分:ペドロジュニオール
90分:川又堅碁(新潟)

試合は、前半のチャンスは、小川のフリーのシュートぐらい。
後半は、新潟に圧倒される苦しい展開。
67分に、森岡が相手選手の弱いバックパスを奪い、シュート。相手GKが弾いたところを、ペドロジュニオールが蹴り込み、先制。
試合終了間際に、クロスから川又にダブりシュートを決められ、失点。
1-1で試合終了。

数少ないチャンスを決め、守り切れたはずですが、(負けたわけではないものの)後味の悪い引き分けです。勝点3が普通に見えていただけに、もったいない・・・。

ヴィッセル神戸の次戦は、5月3日(土)にノエスタでサンフレッチェ広島と対戦します。