ヴィッセル神戸、2014J1:王者サンフレッチェ広島とスコアレスドロー 

サッカーJ1リーグ2014第11節ヴィッセル神戸は、ノエスタでサンフレッチェ広島と対戦し、0-0に終わりました。

得点
なし

3連覇を目指す王者相手に、前半にあったチャンスを決めきれず、ホームで勝点0のみに終わりました。
交代の一番手が若手の松村で、マルキの代わりが(現状空気の)田代という、選手層の薄さで、連戦は厳しいですね。

神戸対策が進んだのか、シンプリシオの欠場が大きいのか、3試合連続の引き分けで、5位まで落ちましたが、まだ首位のレッズまで勝点差は2です。

ヴィッセル神戸の次戦は、6日(火)にユアスタでベガルタ仙台と対戦します。
苦悩している17位相手に確実に勝利し、優勝争いに生き残りたいものです。