ヴィッセル神戸、カシマスタジアムで鹿島アントラーズを3-0粉砕! 

ヤマザキナビスコカップ第6節でヴィッセル神戸は、カシマで鹿島アントラーズと対戦し、3-0で勝利しました。

得点
9分:杉浦恭平
57分:大屋翼
75分:橋本英郎

試合は、9分にチョンウヨンのスルーパスから抜け出した杉浦が、GK曽ヶ端との駆け引きを制し、先制ゴール。
57分には、森岡がキープからのスルーパス、大屋が豪快に決め、追加点。
75分には、橋本がミドルシュートを決め、勝負あり。
3-0で試合終了。

ブラジル人トリオがベンチ外の試合で、主力揃いの鹿島を、敵地カシマで粉砕です。
ブラジル人頼みではない勝利は、将来を考えても嬉しいものです。

ヴィッセル神戸の次戦は、最終節で6月1日(日)にノエスタでベガルタ仙台と対戦します。