Sky7FC.com

ARTICLE PAGE


ヴィッセル神戸、2014J1: 終了間際に追いつかれ・・・浦和レッズとドロー

サッカーJ1リーグ2014第18節ヴィッセル神戸は、埼玉で浦和レッズと対戦し、2-2に終わりました。

得点
17分:興梠慎三(浦和)
62分:河本裕之
69分:高橋峻希
90分+3:那須大亮(浦和)

試合は、17分に、増川が興梠に逆を取られ、失点。
62分に、森岡のCKを、河本が頭で叩込み、同点。
69分に、シンプリシオのタメから、高橋が流し込み、逆転。
終了間際に、柏木のクロスから那須に頭で決められ、同点。
2-2で試合終了。

ペドロ・ジュニオールとチョン・ウヨンが出場停止の中、鉄壁守備の首位・浦和から複数得点を奪う強さは見せたものの、またも最後の最後で失点し、勝点1に終わりました。

J1では通用しない5バックへの変更で覚悟はしたものの、やはりダメージが大きいですね・・・。

ヴィッセル神戸の次戦は、9日(土)にノエスタでアルビレックス新潟と対戦します。
一桁順位死守に向け、勝つしかない一戦です。