ガンバ大阪、2014J1:ヴァンフォーレ甲府と激戦の3-3ドロー! 

サッカーJ1リーグ2014第21節ガンバ大阪は、中銀スタでヴァンフォーレ甲府と対戦し、3-3に終わりました。

得点
8分:石原克哉(甲府)
48分:宇佐美貴史
67分:遠藤保仁
87分:山本英臣(甲府)
88分:阿部翔平(甲府)
90分+3:倉田秋

試合は、8分に石原がシュート、遠藤に当たってコースが変わり、失点。
48分に、宇佐美のスーパーなミドルシュートで、同点。
67分に、相手選手のハンドで得たPKを、遠藤が決め、逆転。
終盤、宇佐美→丹羽、遠藤→明神で、守り切る戦略。
87分に、山本にロングシュートを決められ、失点。
88分に、阿部のクロスを狙ったボールが、西野に当たってコースが変わり、失点。
終了間際に、今野が入れたボールを、パトリックが折り返し、倉田が頭で決め、同点。


逃げ切りを狙った長谷川監督の選手交代策が、今日は失敗に終わった以上、貴重な勝点1でしょう。

ガンバ大阪の次戦は、30日(土)に万博でアルビレックス新潟と対戦します。