ヴィッセル神戸、2014J1: 森岡のゴールでセレッソ大阪に逆転勝利! 

サッカーJ1リーグ2014第節ヴィッセル神戸は、ヤンマーでセレッソ大阪と対戦し、2-1で勝利しました。

得点
8分:南野拓実(C大阪)
71分:シンプリシオ
90分+2:森岡亮太

試合は、8分に南野がシュート、増川に当たってコースが変わり、失点。
前半からセレッソに圧倒されていたものの、2点目を許さずにいると、65分あたりから息切れのセレッソを圧倒。
71分に、ペドロジュニオールがドリブルからのラストパス、シンプリシオが冷静に決め、同点。
攻撃的な選手を投入し、意気消沈のセレッソを攻め立てると、90分+2に、ペドロジュニオールのドリブルから、こぼれてきたボールを森岡が決め、逆転。
すでに力尽きていたセレッソに怖さはなく、2-1で試合終了。


後半の中頃までは、降格候補とは思えない強いセレッソでしたが、65分で止まってしまっては、90分間戦える神戸に勝てるわけもなく、最後は日本代表の決定力を見せつけ、『必然』の逆転勝利です。

ヴィッセル神戸の次戦は、ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦で、9月3日(水)に神戸ユでガンバ大阪と対戦します。
日本代表で主力を抜かれる神戸と、日本代表のいないガンバ。これまでとは逆の立場となる決戦です。