ヴィッセル神戸、ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦: ホームで1-1ドローヴィッセル神戸、ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦: ホームで1-1ドロー 

ヤマザキナビスコカップ準々決勝第1戦:ヴィッセル神戸は、神戸ユでガンバ大阪と対戦し、1-1に終わりました。

得点
11分:宇佐美貴史(G大阪)
64分:マルキーニョス

新生日本代表の背番号10・森岡亮太が不在の中、神戸にとって初の決勝トーナメント。

試合は、11分に倉田のパスから、フリーの宇佐美に着実に決められ、失点。
64分に、シンプリシオの浮き球パスから、マルキーニョスが華麗に決め、同点。
86分に、審判の判定から、ペットボトルを蹴り上げた、安達監督が退席。
1-1で試合終了。


与えてはいけないアウェーゴールを天敵にあっさり決められる失態もありつつ、主力の森岡抜きでも、主力を揃えるガンバをそれなりに圧倒し、2戦目に臨みます。

ヴィッセル神戸の次戦は、ヤマザキナビスコカップ準々決勝第2戦となり、7日(日)に万博でガンバ大阪と対戦します。
※スカパー!での生中継は、スカパー!未加入者も含め、だれでも無料で視聴できます。