Sky7FC.com

ARTICLE PAGE

ガンバ大阪、2015J1:守り切れず・・・FC東京とドロー

サッカーJ1リーグ2015第1節ガンバ大阪は、万博でFC東京と対戦し、2-2で終えました。

得点
45分+1:パトリック
53分:宇佐美貴史
75分:武藤嘉紀(東京)
90分+1:武藤嘉紀(東京)

ACLで温存した宇佐美や岩下、今野の代役にACLの小椋ではなく明神を起用など、現状のベストメンバーで迎えた開幕戦。

試合は、前半終了間際に、自己判断から足を止めた東京の一瞬の隙を見逃さず、遠藤のクロスからパトリックが頭で合わせ、先制。
53分に、宇佐美が倒されて得たPKを、自身で決め、追加点。
75分に、武藤に丹羽が振り切られ、失点。
試合終了間際に、岩下のクリアミスから、武藤に豪快なミドルシュートを決められ、同点。
2-2で試合終了。


隙を見逃さない先制点に、PKからの追加点と、余裕を持っての勝ちゲームかと思いましたが・・・、日本代表のスターにやられ、2シーズン制の短期決戦で痛すぎる、勝点1スタートです。

ガンバ大阪の次戦は、14日(土)にベアスタでサガン鳥栖と対戦します。