ヴィッセル神戸、ヤマザキナビスコカップ:モンテディオ山形に3ゴールで今季初勝利!  

Jリーグヤマザキナビスコカップ 予選リーグ第2節ヴィッセル神戸は、ノエスタでモンテディオ山形と対戦し、3-1で勝利しました。

得点
29分:石津大介
58分:松岡亮輔(山形)
79分:渡邉千真
90分:渡邉千真

試合は、29分にCKから渡邉のシュートはブロックされたものの、石津の技ありシュートで、先制。
追加点のチャンスを決めきれずにいると、58分にスルーパスから、松岡に決められ、失点。
65分にマルキーニョス、74分にペドロジュニオールを投入。
79分に、マルキーニョスの圧倒的な個人技からラストパス、渡邉が豪快に蹴り込み、勝ち越し。
90分に、ペドロジュニオールが倒されて得たPKを、渡邉が決め、駄目押し。
3-1で勝利。


追加点を奪えず、苦戦したものの、最後は駄目押しゴールも生まれ、待望のネルシーニョ体制&今季初勝利を達成です。

ヴィッセル神戸の次戦は、J1リーグ戦・4月4日(土)にEスタでサンフレッチェ広島と対戦します。
リーグ戦は強豪が続きますが、最下位脱出に向け、勝点を積み上げたいところです。