ヴィッセル神戸、2015J1: アルビレックス新潟とドロー・・・鬼門突破ならず 

明治安田生命J1リーグ2015 1stステージ第6節ヴィッセル神戸は、デンカSでアルビレックス新潟と対戦し、2-2に終わりました。

得点
10分:ラファエル シルバ(新潟)
15分:オウンゴール
42分:山本康裕(新潟)
60分:高橋峻希

試合は、10分にフリーのラファエル シルバに決められ失点。
15分に、CKのボールを、飛び出したGKが触れず、相手の背中に当たり、オウンゴール。
42分に、相手のクロスを岩波がクリアミス、山本にボレーシュートを決められ、失点。
後半開始時に、増川→北本、石津→フェフージン。
60分にマルキーニョスのスルーパスから、高橋が冷静に決め、同点。
2-2で試合終了。


選手交代で、後半は立て直したもの、マルキーニョスがゴールを決めきれず、リーグ戦で勝ったことがない鬼門「デンカビッグスワンスタジアム」を突破できず、勝点1に終わりました。

ヴィッセル神戸の次戦は、カップ戦で22日(水)に、ノエスタで川崎フロンターレと対戦します。