ヴィッセル神戸、2015J1: 松本山雅FCに惨敗 

明治安田生命J1リーグ2015 1stステージ第12節ヴィッセル神戸は、松本で松本山雅FCと対戦し、0-2で敗れました。

得点
62分:前田直輝(松本)
90分+5:阿部吉朗(松本)

試合は、62分にドリブルを仕掛けた前田に、渡邊が振り切られ、左足でシュートを決められ、失点。
試合終了間際には、スローインからのボールを、チョンウヨンがオビナに簡単に奪われ、パスを受けた阿部に余裕で決められ、失点。
0-2で試合終了。

森岡が復帰して、縦へのパスは、相手に少しは驚異を与えたものの、決められる選手が不在で、相変わらずつまらない試合を見せられ、惨敗です。

ヴィッセル神戸の次戦は、カップ戦で20日(水)にニッパツで横浜F・マリノスと対戦します。