ガンバ大阪、2015J1:後半崩壊し・・・名古屋グランパスに逆転負け 

明治安田生命J1リーグ2015 2ndステージ第2節ガンバ大阪は、パロ瑞穂で名古屋グランパスと対戦し、2-3で敗れました。

得点
8分:大森晃太郎
30分:パトリック
49分:永井謙佑(名古屋)
75分:田中マルクス闘莉王(名古屋)
81分:川又堅碁(名古屋)

試合は、8分にこぼれ球を拾った大森が、ミドルシュートを決め、先制。
30分に、藤春のピンポイントクロスを、パトリックが頭で決め、追加点。
49分に、永井にシュートを決められ、失点。
75分に、岩下がPKを献上。PKを決められ、失点。
81分に、ボールを奪われると、最後は川又にシュートを決められ、失点。
2-3で試合終了。


前半は余裕があったものの、後半開始早々に失点すると、ばたばたと守備が崩壊していき、まさかの逆転負けです。

ガンバ大阪の次戦は、19日(日)に万博で横浜F・マリノスと対戦します。