ガンバ大阪、2011夏の大阪ダービーは1-1ドロー! 

サッカーJ1リーグ第21節ガンバ大阪は、アウェーでセレッソ大阪と対戦し、1-1に終わりました。

試合は、
試合序盤は圧倒するも、前半を0-0で終了。

後半に入り、
76分にセレッソのキムボギョンに決められ、失点。
79分に遠藤保仁のクロスを中澤聡太が頭で決め、同点。
1-1で試合終了。

相手を圧倒した試合序盤に得点できず、先制される厳しい展開でしたが、10年負けていない長居できっちり追いつき、最低限の勝点1を獲得です。
勝ち越したかったですが、怪我人が多く戦力が整っていないだけに、妥当な結果なのかもしれませんね。

ガンバ大阪の次戦は、17日(水)に万博で名古屋グランパスと対戦します。