サッカー日本代表、W杯アジア3次予選:ウズベキスタンとドロー 

SAMURAI BLUE(サッカー日本代表)が、2014 FIFAワールドカップブラジル アジア3次予選の第2戦で、9月6日(火)にウズベキスタン代表と対戦し、1-1に終わりました。

試合は、
前半8分に、ウズベキスタンのジェパロフに決められ、失点。
前半を0-1で終了。

後半頭から阿部勇樹にかえて清武弘嗣を投入。
後半20分に、内田篤人のクロスを岡崎慎司がダイビングヘッド、同点。
1-1で試合終了。

予想通りの厳しいアウェー戦となりましたが、何とか勝ち点1を獲得してくれました。

日本代表は10月11日(火)に大阪長居で、3戦目:タジキスタン代表と対戦します。