ガンバ大阪、ジュビロ磐田に逆転勝利でナビスコカップ準決勝進出!! 

ガンバ大阪は、2011Jリーグヤマザキナビスコカップの準々決勝でジュビロ磐田と対戦し、3-1で勝利しました。 試合は、
7分に、磐田のショートCKからクロスをあげられると、那須大亮に頭で決められ、失点。
43分に、下平匠のパスを受けた佐々木勇人がミドルレンジから見事に決め、同点。
前半を1-1で終了。

後半に入り、
59分に、平井将生にかえてアフォンソを投入。
67分に、アフォンソの芸術的なスルーパスに抜け出したラフィーニャが確実に決め、逆転。
76分に、二川孝広のCKからオウンゴールで追加点。
3-1で試合終了。準決勝進出。

最近結果が出てない一発勝負で、早々に失点して嫌な感じでしたが、前半終了間際で追いつけたこともあり、後半は前回王者を圧倒(ジュビロの失速がもの凄かったですね・・・何の抵抗もできずといった感じでしょう)し、見事に準決勝進出を決めました。

ガンバ大阪の次戦は、9日(日)にナビスコカップ準決勝で浦和レッズと対戦します。
大震災の影響により、準決勝も負ければ終わりの一発勝負です。