ガンバ大阪、川西の2ゴールでアルビレックス新潟とドロー! 

サッカーJ1リーグ第32節ガンバ大阪は、アウェーでアルビレックス新潟と対戦し、2-2 に終わりました。

試合は、
45分+1に、新潟の三門雄大に豪快なミドルシュートを決められ、0-1。
前半を0-1で終了。

後半に入り、
70分に、クロスを新潟のブルーノロペスにヘッドで決められ、0-2。
77分に、川西翔太が個人技から鮮やかに決め、1-2。
83分に、川西翔太がシュート、一度はGKに弾かれるも、自身が押し込み、2-2。
2-2で試合終了。

3連勝が絶対でしたが、残留争いの新潟相手に試合内容では負けでしたが、川西の2ゴールで負けは免れました。
名古屋グランパスが横浜F・マリノスに勝利したことで、ガンバの優勝は大きく遠のきましたが、今年もACL出場権だけは確保しました。

ガンバ大阪の次戦は、26日(土)に万博でベガルタ仙台と対戦します。
残り2試合連勝で、奇跡を目撃したいものです。