ガンバ大阪、ベガルタ仙台に勝利で優勝争いは最終戦へ! 

サッカーJ1リーグ第33節ガンバ大阪は、万博でベガルタ仙台と対戦し、1-0で勝利しました。

試合は、
25分に、藤春廣輝のクロスをイグノが頭で合わせ、先制。
前半を1-0で終了。

後半に入り、
終了間際に、ラフィーニャがイエローカードを受け、累積4枚目。最終戦出場停止。
1-0で試合終了。

西野体制では最後となる万博での試合を、ガンバの執念(仙台の決定力不足)もあり、勝利で飾りました。
最終戦出場停止となるラフィーニャも、期限付き移籍満了でガンバでのラストゲームでしょうかね。

首位の柏レイソルが優勝のプレッシャーからセレッソ大阪とドローに終わり勝点69、名古屋グランパスはモンテディオ山形に快勝で勝点68、ガンバ大阪は勝点67。
最終戦で、ガンバは勝利のみ+柏と名古屋がともに引き分け以下で、奇跡の逆転優勝が決まります。

ガンバ大阪の次戦は、12月3日(土)にアウェーで清水エスパルスと対戦します。