ヴィッセル神戸、ジュビロ磐田に3ゴール快勝!8位に浮上!! 

サッカーJ1リーグ第33節ヴィッセル神戸は、ホームズでジュビロ磐田と対戦し、3-1で勝利しました。

試合は、
19分に、大久保嘉人のシュート、GKが弾いたこぼれ球を北本久仁衛が詰め、1-0。
25分に、大久保嘉人からのパスを受けた相馬崇人が鮮やかなゴールを決め、2-0。
2-0で前半終了。

後半に入り、
80分に、磐田の駒野友一からのクロスを前田遼一にピンポイントで合わされ、2-1。
87分に、ポポのパスを受けた森岡亮太が豪快なミドルシュートを決め、3-1。
3-1で試合終了。

3点目を決めきれずに、前田のゴールで失点したときは嫌な感じでしたが、森岡が試合を決めてくれました。

ホーム最終戦での勝利で10位11位以上は確定し、最終戦勝てば夢の一桁順位が確定、サンフレッチェ広島の結果によっては賞金すら見えてきました。
※最終節で下位の川崎と磐田が対戦するため、10位以内が確定。
もちろん、アウェーの仙台は簡単に勝てる相手ではありませんが…、今の勢いなら可能かもしれません。

ヴィッセル神戸の次戦は、12月3日(土)にアウェーでベガルタ仙台と対戦します。
この試合は、通常のスカパー!だけでなく、NHK神戸での放送が決まっています。