U-22サッカー日本代表、アジア最終予選:大津のゴールでシリアに勝利! 

U-22サッカー日本代表が、男子サッカー アジア最終予選/ロンドンオリンピック予選 第3戦で、11月27日(日)に国立でU-22シリア代表と対戦し、2-1で勝利しました。

試合は、
45分に、扇原貴宏のクロスを濱田水輝がヘッドで押し込み、先制。
前半を1-0で終了。

後半に入り、
追加点を決めきれずにいると、
75分に、シリアのアルスマに一瞬の隙を突かれ、同点。
86分に、比嘉祐介のクロスを大津祐樹がダイビングヘッドで決め、勝ち越し。
2-1で試合終了。

最終予選らしく苦しみましたが、ここ最近の日本代表らしく、粘り強く戦い貴重な勝点3を獲得し、グループ首位に立ちました。

U-22日本代表は、2012年2月5日に第4戦アウェーでシリア代表と対戦します。