ヴィッセル神戸、甲府に逆転負け 

J1第5節ヴィッセル神戸は、アウェーでヴァンフォーレ甲府と対戦し、3-4で敗れました

試合は、前半5分に先制を許すも、前半終了間際に近藤の連続ゴールで逆転。さらに、後半3分に田中が決め、3-1とヴィッセルがリードします。が、
ここからヴァンフォーレに、まさかまさかの3連続ゴールを決められ、3-4で逆転で敗れています。

サッカーでは、2点リードがもっとも怖いと言いますが、まさにその怖さを味わったゲームでした。痛い敗戦ですが、気持ちを切り替えて、戦ってもらいたいです。