審判にキスで、イエローカード!? 

ブラジルで先週末に行なわれた試合中に、審判にキスをした選手がイエローカードを受けるという珍事!?が、起きました。

カボフリエンセとボタフォゴの試合中に、プレーがファウルと判定されたカボフリエンセのDFクレベルソンが、審判の頬に軽くキスをしました。すると、審判の態度が豹変し、イエローカードを提示しました。

キスをしたカボフリエンセは「それがルール違反になるなんて、知らなかったんだ」と、とぼけています。さすがに、一発退場にはならないのですね。