フロンターレ、チャンピオンズリーグ決勝T進出 

川崎フロンターレが、ホーム等々力で、インドネシアのアレマ・マランに3-0で快勝、(2002の現行ACLになってから)日本のクラブが初めてアジアチャンピオンズリーグ決勝トーナメント進出を決めました。

浦和レッズは、アウェーでインドネシアのペルシク・ケディリと3-3で引き分けに終わったものの首位は守りました。レッズは、ホームでシドニーFCと8強進出を懸け、23日に対戦します。

ガンバではライバルですが、日本の代表としてさらなる活躍に期待です。