ガンバ大阪、浦和と激戦のドロー 

Jリーグ1部第11節ガンバ大阪は、アウェーで浦和レッズと対戦し、1-1で引き分けました。

試合は、序盤からペースをつかんだガンバ。前半17分に、バレーが先制ゴール。前半をリードして終えます。
後半は、浦和の猛攻に耐える展開も、31分にワシントンに決められ、1-1で試合を終えました。

調子はいまいちも上位に位置づける両雄の決戦でしたが、どちらも譲らずでした。
これで、5月に入ってからリーグ戦3戦連続引き分け(首位は維持)に終わってしまったガンバ。次節は好調柏レイソルと対戦しますが、超攻撃の復活に期待です。