サッカー日本代表、香川弾もUEA戦ドロー 

サッカー日本代表が、親善試合でUAEと対戦し、1-1で引き分けに終わりました。

試合は、前半から格上の日本が優位に進めますが得点することが出来ず前半を0-0で終えます。
後半に入り、27分に連続攻撃からDF内田の折り返しを、MF香川がたたき込み、日本が先制します。しかし、32分に失点すると、そのまま試合は終了し、1-1で引き分けました。

守りきれない、得点できない、日本の課題がまたしても見えてしまった試合となりました。ホームで行うウズベキスタン戦は大丈夫でしょうか!?