ヴィッセル神戸、マルセウとバイーアが戦線離脱 

ヴィッセル神戸は、FWマルセウとMFバイーアが、怪我でともに全治約1カ月と診断されたと発表しました。

二人とも京都サンガ戦で負傷し、マルセウが右大腿内転筋肉離れ。アラン・バイーアが腰椎横突起骨折でともに全治1カ月の見込みです。

開幕戦では、宮本を中心とした守備陣は機能していましたが、攻撃陣は今ひとつでした。さらに、主力の二人が抜け苦しすぎるヴィッセル神戸。 ホームでの開幕戦で、強豪の川崎フロンターレを押さえ込み、勝点を得ることが出来るでしょうか。