ガンバ大阪:レアンドロ、アウェイで勝てて嬉しい! 

アジア王者のガンバ大阪は、アジアCL1次リーグでFCソウルと対戦し、4-2で勝利しました。2連勝でACLアウェイ連勝を8と伸ばし、決勝トーナメント進出に大きく前進しました。以下、監督の選手のコメントを抜粋です。

ガンバ大阪:西野朗監督
「非常にタフなゲームを予想していたし、国内でやっていたようにコントロールする時間はそう多くないと予測していました。予想通り、タフなゲームになったし、多分にラッキーな面はあったと思います。後半かなり押し込まれてよくDFが踏ん張れた結果、カウンターが効いて得点が出来た。ポゼッションは今季初めてとられたという感じでした。ゲーム自体、相当後半はコントロールされましたが、守備の意識を全員が高く持って戦えた中で得点できたし、ポイント3へのこだわりをアウェイでも強く持った戦いをしてくれた。このコンディションの中で選手はよくやってくれたと思います。」

ガンバ大阪:レアンドロ
「アウェイで勝てたのは嬉しい。今日はすごく厳しく難しい試合になると思っていた。相手も勢いがある中で、実際にそうなったが勝てたのは嬉しい。」

ガンバ大阪:山崎雅人
「あの位置は(右MF)はトレーニングではやったことがあるし、サテライトでもやったことがありますから。トップではぶっつけ本番でしたけど、昨日右サイドでやっていたので、ある程度イメージしていた分、 問題なかったです。ミチ(安田)も後ろから声を掛けてくれていたし、守備も問題なかった。やることがハッキリしていたのも良かったんだと思う。」

ガンバ大阪:遠藤保仁
「激しくいくところはしっかりいけたので良かったと思います。アシストは、僕のところからレアンドロは見づらかったのですが、GKもかぶってくれたので。いいボールを蹴れればと思っていました。大事な勝ち越し弾だったので、よかったです。」

ガンバ大阪:チョジェジン
「レアンドロとのコンビネーションは日々よくなっている。シュートチャンスの時に自分よりいいところに、よりよいシュートを打てる人がいれば、そこに出すのは当たり前だ。」


ACL1次リーグで2連勝を飾ったガンバ大阪は、インドネシア代表チームのスリウィジャヤと4月8日にホーム、21日にアウェイと連戦で対戦します。
グループの中で格下チームであるだけに、案外難しい試合になるかもしれませんが勝点6を勝ち取ってもらいたいです。

テレビ生放送は、BS朝日(無料)か、スカパー!のテレ朝チャンネル(有料)で放送される予定です。 詳しくは、サッカー見るなら→スカパー!e2