ガンバ大阪、3-0の快勝で、ACL決勝T進出決定!! 

アジア王者のガンバ大阪は、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第4戦、アウェーでインドネシアのスリウィジャヤと対戦し、3-0と勝利。同グループのFCソウル-山東魯能が引き分けに終わったため、残り2試合を残しての決勝トーナメント進出が決まりました。


試合は、ホームでも守りを固めるスリウィジャヤを、ガンバが攻め立てる展開。それでも、30分に山口の攻撃参加から抜け出したレアンドロが冷静に流し込み、ガンバが先制。前半終了間際には、ゴール前の混戦から最後は佐々木が決め、2-0で前半を終えます。

後半に入り、厳しい環境で動きが鈍くなり、互角の展開。しかし、30分にチョジェジンが最も欲しい3点目を決め、勝負あり。最後まで攻撃の手をゆるめないガンバ大阪が、3-0で勝利し、決勝トーナメント進出を決めました。


前半終了間際に2点目を取れたことで、レアンドロを前半だけで休ませるなど、厳しい状況でも余裕をもって試合を進めることができました。

ACL1次リーグの残り2試合は、中国で山東魯能、ホームでFCソウルと対戦します。超過密日程の中、西野監督には、首位通過とともに、レギュラーを休ませ、新戦力を試してもらいたいです。