ヴィッセル神戸、ミス連発で浦和レッズに完敗 

サッカーJ1リーグ第15節ヴィッセル神戸は、浦和レッズと対戦し、0-2で敗れました。

試合は、わずか前半2分にレッズのエジミウソンのゴールで失点。42分にはレッズの高原に追加点を奪われ、前半を0-2で終了。

後半に入り、決定機が訪れるもミスが続き、試合終了。0-2で完敗。


アウェーで弱いヴィッセルだけに妥当な結果でしょうが、引き分けるチャンスは十分にあったはずですが。ただ、決定機を何度も外している状況では、今後もアウェーでは、勝ち点1さえ持って帰ってくる事は出来ないでしょうね。

降格圏が迫ってきたヴィッセル神戸の次戦は、ホームで7月4日にFC東京と対戦します。ホームでは強いヴィッセルだけに、きちんと勝点3を獲得しなければなりません。