U-17サッカー日本代表、ゴールラッシュのスイスに逆転負け 

U-17W杯ナイジェリア大会の1次リーグで、B組の日本はスイスに3-4で敗れました。

試合は、9分に宮吉が相手DFの裏に飛び出し、右足で先制点。さらに20分にも芝崎のクロスから宮吉がヘッドで追加点。前半終了間際に失点し、前半を2-1で終了。

後半に入り、6分と8分に失点し、逆転を許すと、29分にも決められ、2-4。終了間際に小島が豪快に決めるも、3-4で試合終了。日本は2戦2敗。


前半に3点目を決められず失点した時点で嫌な予感がしましたが・・・想像以上にやられたい放題でした。
スキルの高い選手がそろい『プラチナ世代』と呼ばれる今回の代表ですが、不安視されていたメンタルの弱さが出てしまいました。

強豪のメキシコ戦では、後半崩れず勝利を期待したいところです。