ヴィッセル神戸、FC東京に敗れるもJ1残留確定 

サッカーJ1リーグ第33節ヴィッセル神戸は、アウェーでFC東京と対戦し、0-1で敗れました。

試合は、東京の猛攻に耐え、前半を0-0で終了。

後半に入り、42分に東京の平松に決められ、0-1で試合終了。


自力で決めたかったですが、16位の柏レイソルが大宮アルディージャと引き分けたため、ヴィッセル神戸のJ1残留が確定しました。

アウェーではとにかく弱かったですが、ホームで鹿島アントラーズ、川崎フロンターレ、ガンバ大阪などJ1の上位陣に勝利するなど、ホームで結果を残せたことが残留には大きかったですね。

ヴィッセル神戸の最終戦は、12/5(土)にホムスタでジュビロ磐田と対戦します。
勝てば順位が入れ替わるだけに、最後は勝利で終わりたいところです。