サッカー日本代表、中国とドロー・・・ 

サッカー日本代表が、東アジア選手権決勝大会で中国代表と対戦し、0-0に終わりました。

試合は、中盤の攻防で優位に立つもチャンスはなく、前半を0-0で終了。

後半に入り、内田のポストを叩くシュートと、楢崎の中国選手のPKをセーブする以外見せ場なく、0-0で試合終了。


楢崎が救ってくれた完全な負け試合でした。試合後のサポーターからのブーイングも当然ですね。

情けないサッカー日本代表は、2月11日(木)に香港代表と対戦します。