ヴィッセル神戸、名古屋グランパスに完敗 

サッカーJ1リーグ第5節ヴィッセル神戸は、アウェーで名古屋グランパスと対戦し、0-2で敗れました。

試合は、前半26分にグランパスのブルザノビッチのFKを直接決められ、失点。前半を0-1で終了。

後半に入り、25分に日本代表の永井謙佑を投入。27分にブルザノビッチに直接FKを決められ、0-2。
試合は終了し、0-2で敗れました。


FKで敗れたのは仕方ないとして、今季もアウェーで1点も取れない状態が続いているのは情けない限りです。


ヴィッセル神戸の次戦は、11日(日)にホムスタでモンテディオ山形と対戦します。
驚異的な勝率を誇る『聖地』できっちり勝利したいところです。