ガンバ大阪、清水エスパルスに追いつかれドロー! 

サッカーJ1リーグ第7節ガンバ大阪は、万博で清水エスパルスと対戦し、1-1で引き分けました。

今日も大塚翔平と宇佐美貴史が先発。
前半40分に高木が倒されて得たPKを明神がきっちり決め、ガンバが先制。
前半を1-0で終了。

後半に入り、17分に大塚に交わりチョジェジンを投入。
25分にヨンセンが落としたボールを岡崎慎司に決められ、同点。
試合は終了し、1-1の引き分け。


怪我人が多く主力を多く欠くガンバにとって、藤ヶ谷を中心にしっかりと守っていたのですが、厳しい試合でした。

西野監督がエース指名しているチョジェジンが復帰しましたが、若手の宇佐美と大塚だけでは心細いだけに、ゴールと言う結果が欲しいです。


ガンバ大阪の次戦は、24日(土)に万博でFC東京と対戦します。
万博での今季リーグ戦初勝利を期待したいものです。