ヴィッセル神戸、アルビレックス新潟にも敗戦!最下位転落・・・ 

サッカーJ1リーグ第9節ヴィッセル神戸は、ホムスタでアルビレックス新潟と対戦し、1-2で敗れました。

試合は、大久保嘉人が前半だけで8本のシュートを放つも決められず。
37分に素早いリスタートからアルビレックスの曹永哲から右足で決められ、失点。前半を0-1で終了。

後半に入り、20分に細かいパス回しから都倉賢が左足で豪快に決め、同点。
24分にアルビレックスのファグネルに決められ、失点。
試合は終了し、1-2で終了。


岡田監督の前で空回りのエースが、ゴールを決めていれば結果は違っていたでしょうが、ここまで未勝利だった新潟にもホームで敗れ、大宮アルディージャが勝利したため、ついに最下位に転落しました。

10位のガンバ大阪(勝点10)から18位のヴィッセル神戸(勝点7)まで、勝点3差に9チームと大混戦なだけに、このままズルズルいかなければいいのですが・・・。


ヴィッセル神戸の次戦は、5日(水)にアウェーで湘南ベルマーレと対戦します。
17位との対戦で、勝点を持ち帰りたいものです。