ガンバ大阪、したたか鹿島アントラーズに敗戦 

サッカーJ1リーグ第9節ガンバ大阪は、アウェーで鹿島アントラーズと対戦し、1-2で敗れました。

試合は、ボールを支配するもアントラーズの守備を崩すことが出来ず。
前半45+1分に、CKからアントラーズの岩政大樹にヘディングで決められ、前半を1-0で終了。

後半に入り、23分にアントラーズの野沢拓也に直接FKを決められ、0-2。 35分に交代出場した星原健太が二川のパスを豪快に蹴り込み、初ゴール。
試合は終了し、1-2で終了。


両チーム厳しい状況のなか、したたかな王者の強さを見ました。
ただ、チーム状態は悪くないので、次戦以降に期待します。


ガンバ大阪の次戦は、5(水)に万博で川崎フロンターレと対戦します。
11日(火)のACLラウンド16城南一和戦に向け、平井将生の復帰はあるでしょうか。