サッカー日本代表、カメルーンに1-0で勝利!!本田が決めた! 

サッカー日本代表が、2010FIFAワールドカップ南アフリカの初戦でカメルーン代表と対戦し、1-0で勝利しました。

先発は、川島永嗣、駒野友一、田中マルクス闘莉王、長友佑都、中澤佑二、阿部勇樹、遠藤保仁、松井大輔、長谷部誠、大久保嘉人、本田圭佑。

試合は、両チーム守備的で重苦しい展開。
39分に、松井のクロスを本田が決め、日本が先制。前半を1-0で終了。

後半をきっちり守りきった日本が1-0で勝利。貴重な勝ち点3を獲得。


カメルーンを0で抑えたなんて信じられませんが、間違いなく勝利で勝ち点3です!!