ヴィッセル神戸、鹿島アントラーズに完敗 

サッカーJ1リーグ第16節ヴィッセル神戸は、アウェーで鹿島アントラーズと対戦し、0-3で敗れました。

試合は、前半8分にクロスから鹿島の野沢拓也にヘディングシュートを決められ、0-1。
32分にはCKから鹿島の野沢拓也に決められ、0-2で前半終了。

後半に入り、29分に野沢のパスから鹿島のマルキーニョスに流し込まれ、0-3。 試合は終了し、0-3で終了。


決定的なシュートもあるにはありましたが、決定的に力の差が…。

ヴィッセル神戸の次戦は、8月8日(日)にホムスタで浦和レッズと対戦します。
なんとしても連敗を止めなければなりません。