ヴィッセル神戸、湘南ベルマーレに勝点1のみ… 

サッカーJ1リーグ第18節ヴィッセル神戸は、ホムスタで湘南ベルマーレと対戦し、0-0に終わりました。

試合は、前半に大久保嘉人がフリーのシュートを決められず。
前半終了間際に松岡亮輔がファウルでPKを与えるも、榎本達也がスーパーセーブ。
前半を0-0で終了。

後半に入っても、ゴールを決めることはできず、0-0で試合終了。


致命的に決定力のない嘉人がどフリーのシュートを外したときに嫌な感じがしましたが、大量失点が続いていた湘南からゴールを奪うことができず、後半戦の初戦は残念な勝点1のみに終わりました。
試合内容も残留を争うチーム同士で、いつも以上につまらないものでした…。

ヴィッセル神戸の次戦は、18日(水)にアウェーでジュビロ磐田と対戦します。
神戸同様にJ1残留を目指す下位チームとの対戦が続きますが、まず負けないことが重要です。