サッカー日本代表、香川のゴールでパラグアイに勝利! 

サッカー日本代表が、キリンチャレンジカップ2010でパラグアイ代表と対戦し、1-0で勝利しました。

原博実代行監督が選んだ先発は、川島永嗣、内田篤人、中澤佑二、栗原勇蔵、長友佑都、中村憲剛、細貝萌、松井大輔、香川真司、本田圭佑、森本貴幸。

前半は、押される時間も守備の堅さで守りきり、0-0で終了。

後半に入り、19分に中村憲剛のスルーパスを香川真司が蹴り込み、日本が先制。
試合は終了し、1-0で試合終了。

ドイツでの活躍そのままに、一回り大きくなった香川のゴールで、新生日本代表が最高のスタートを切りました。

サッカー日本代表は、7日(火)にグアテマラ代表と対戦します。