ヴィッセル神戸、二人退場の自滅で京都サンガに惨敗! 

サッカーJ1リーグ第22節ヴィッセル神戸は、アウェーで京都サンガと対戦し、0-3で敗れました。

試合は、前半35分にFKから京都のドゥトラに決められ、失点。
前半を0-1で終了。

後半に入り、14分に松岡亮輔が2枚目のイエローで退場。
34分にも榎本達也が2枚目のイエローで退場。GKの代役は河本裕之。
45分+1に京都のディエゴに決められ、0-2。
45分+7に京都の渡邉大剛に決められ、0-3。
0-3で敗れました。

また3人の交代を終えたあとでの榎本の退場、そして9人での戦い・・・自滅が続きますね。 最下位相手に、攻めの采配が出来ない三浦監督を解任するという、賭けに出るしかないでしょう。

ヴィッセル神戸の次戦は、18日(土)にアウェーでサンフレッチェ広島と対戦します。