サッカー日本代表、アルゼンチン代表に勝利! 

サッカー日本代表が、キリンチャレンジカップ2010でアルゼンチン代表と対戦し、1-0で勝利しました。

ザッケローニ監督の初采配で先発は、川島永嗣、長友佑都、内田篤人、栗原勇蔵、今野泰幸、遠藤保仁、長谷部誠、岡崎慎司、香川真司、本田圭佑、森本貴幸。

試合は、アルゼンチンが開始早々から激しいプレスも日本守備陣がしのぐと、前半19分に長谷部がミドルシュート。相手GKが弾いたところを岡崎が詰めて、日本が先制。
前半を1-0で終了。

後半に入り、
19分に森本貴幸→前田遼一
26分に遠藤保仁→阿部勇樹
26分に岡崎慎司→関口訓充
32分に香川真司→中村憲剛
40分に川島永嗣→西川周作
アルゼンチンに押し込まれるも最後まで守りきり、アルゼンチンに1-0で勝利。

ザッケローニ監督の初陣は、歴史的な勝利です。
あまりに出来すぎの結果で、常にサッカーを見ている者としては冷静にこれからを見ていきたいところです。

サッカー日本代表は、12日(火)にアウェーで韓国代表と対戦します。