ヴィッセル神戸、首位の名古屋グランパスを追い込むも敗戦! 

サッカーJ1リーグ第27節ヴィッセル神戸は、ホームズで名古屋グランパスと対戦し、1-2で敗れました。

試合は、5分に名古屋の玉田圭司にヘディングシュートを決められ、失点。
30分に名古屋のダニルソンに豪快なFKを決められ、前半を0-2で終了。

後半に入り、25分に吉田孝行のクロスをポポが頭で合わせ、ゴール。
足が止まった相手に対し、最後まで攻め続けるも、1-2敗戦。

試合終盤は首位の名古屋を追い込み苦しめましたが、8月8日に浦和レッズに勝利して以来、ついに10試合勝ちなしとなりました。とはいえ、残留争いとはレベルの低い争いで、15位のFC東京との勝ち点差はたったの2です。

ポポがゴールを決めてくれましたが、リーグ戦では(FKではない)流れからのゴールは2ヶ月ぶりでしょうか…。勝利が遠いわけです。

ヴィッセル神戸の次戦は、30日(土)に万博でガンバ大阪と対戦します。